ブログ

『モノは少なく心豊かに』をモットーに、小さな暮らしや、トレッキング、野菜作りなどを綴っています。

記事一覧

そば打ち

初めてそば打ちをしたのが2020年の暮れ。

今回は、蕎麦好きな方々をお誘いして、8回目のそば打ちに行ってきました。

 

4年目に入りますが、年に2回のペースなので、なかなか身につきません。

今回ようやく、手順が飲み込めたように思います。

 

 

 

そば打ち教室 四天王寺『はやうち

教えてくださるのは、ひとみ先生。

 

あたたかい先生と、いつも誘ってくださる先輩のお陰で、趣味といえるものになりました。

 

二八蕎麦で、打った500g(約5人前)を持ち帰らせていただけます。

良いそば粉を使わせていただけるので、美味しいのは間違いないのですが、自分の手で打ったものは特別美味しく感じます。

 

多くの人の手から手に渡ってようやく完成する蕎麦。

感謝です。

 

 

 

友人たちとシェア。

天ぷらも準備してくださいました (*^^*)

 

ごちそうさまでした。

 

2024年02月27日

玄米味噌作り

玄米味噌󠄀作りを教わりました。

 

味噌は大豆・麹・塩でできています。

今回は玄米麹を使用しました。

 

大豆を洗ったり、水に漬けたり、煮る作業は、先生が事前にしてくださっていたので(この作業が大変なんですよね ^^; )大豆を潰すところからスタート。

 

熱いうちに、袋の上から押して、大豆を潰します。

 

 

結構力のいる作業ですが、皆でワイワイ和やかに進めているとあっという間。

粒がなくなるまで潰しました。

 

 

玄米麹と塩を、両手で擦り合わせるようにして混ぜます。

混ざったら、潰した大豆を入れて、こねていきます。

 

 

大切に育てられた素材を、自分の手で混ぜ合わせていると、ありがたさが沁みてきます。

 

大豆・玄米麹・塩が混ざったら、空気を抜くようにして丸めます。

 

 

丸めた味噌を、空気が入らないようにして、ギュッギュッと詰めていきます。

 

 

参加者の皆さんのお味噌を並べてパチリ。

かわいい子たちの出来上がり。

 

 

常温で10ヶ月程寝かせて完成を待ちます。

 

味噌󠄀作りの後は、先生お手製のマクロビオティックランチをいただき大満足。 体も心も喜んでいます。

 

 

教えてくださったのは、 とても素敵なnaho先生 。

Instagram
@hagmmy_by_te_to_te

 

ありがとうございました。

 

2024年02月27日

炊飯鍋

我が家に炊飯鍋がやってきました。

 

RTR- 500D リンナイ5合炊き 

 

 

電気炊飯器に長くお世話になってきましたが、交換のタイミングで、ガス炊飯に切り替えてもいいかなぁ・・・と考えていました。

少し前まではタイマーは必須だと思っていましたが、なければないでいけそうです。

 

知り合いが大切に作る自然栽培米を食べるようになり、より一層、お米を美味しく食べたい!という意識が強くなりました。

時々土鍋で炊いていましたが、毎度毎度となると、私には不向き。

 

色々と考えた末に、リンナイのガスレンジなので、専用の炊飯鍋にしました。

 

レンジに炊飯機能がついているので、自動で炊くことができます。

 

 

火をつけて10分ぐらいすると、ブクブクと泡立ってきました。

中が見えるので面白い!

 

 

蒸しの時間も入れて、約30分ほどで出来上がり。

電気炊飯器だと、60分かかっていましたが、やはりガスは早い。

 

うーん、、、

ちょっと水が多かったか。

 

 

おひつに入れて水分調整すると、丁度良い具合になりました。

 

 

コンパクトで、扱いやすく、美味しく炊けて、言うことなし。

お米を炊く楽しみが増えました。

 

2024年02月04日

蒸し料理大好き

この時期、鍋料理の次に出番が多いのが、蒸し料理。

 

帰りが遅くなる日や、忙しい日は、野菜とタンパク質を適当に重ねて、少量の水か酒を振りかけてスタンバイしておきます。

食べる直前に火にかけ、10~15分程蒸したらできあがり。

 

 

 

フライパンや土鍋を使っていますが、最近、せいろが気になっています。

むやみにモノを増やしたくないので、よ~く吟味。

 

使う頻度、置き場所、お手入れ、材質、価格などなど・・・。

 

またご報告します。

 

2024年01月31日

両親に感謝

今日は父の一周忌。

母も今月が命日なので、二人の大好物のお寿司をいただきました。

 

 

 

ピンチの時も、なぜかいつも笑いがあって、

とんちんかんな、おもしろい家族だったなぁ。

 

 

お供えは、母の好きなビスコと、父の好きな日本酒とミルクキャラメル。

 

 

そういや、父の最期の言葉は

『キャラメルこうてきてくれ』だった(笑)

 

 

おもしろい環境に生んでくれて

ありがとう。

 

2024年01月30日
» 続きを読む